2011年07月06日

ちょっと氷見まで行ってきました

アサヒ・アート・フェスティバル(AAF)の交流プロジェクトの一環で、私たち長者町まちなかアート発展計画の有志は、富山県氷見市で活動をされています「アートNPOヒミング」を訪ねて、1泊2日の旅に出かけてきました!!

なんと、移動手段は、『ちいさなアートジャンボリー2011』で運行予定のアートバス≪MOBIUM≫!!!!
市バスと同じ大きさの車体が、停留所がない場所に、私たちのためだけに止まって、バーン!と正面には MOBIUM の文字。
わたくし、初めて実物を見たというだけでテンションが上がってしまいました(笑)。

黒板塗料が塗られた車体に、こんな落書きをして、いざ、氷見に向けて出発進行っ!!
xlhbp.jpg gb5jd.jpg

運転手は、アーティストの河村陽介さん。
細身の河村さんですが、大きなバスをぐんぐんと動かしていきます。
途中、若干お年寄りのバスを休ませたりしながらも、無事氷見市に到着!

早速、『ヒミングアートセンター』にお邪魔しました。
川沿いにあるこのアートセンターは、築100年をこえるお醤油屋さんの古い石蔵を改造した建物だそうです。
4wciww.jpg himming2.jpg


到着してすぐに、「待ってました!」との声が。ヒミングに集まってくださった皆さんと
長者町の男たちで「せーの!」でヒミング自慢の『天馬船』を川へと運び出しました!
himming1.jpg ikyep.jpg
あれよあれよ、という間に、隊長が出航!
「いってらっしゃーい!」

昔、この一帯は漁港として、川から海に漁に出る船の拠点になっていたそうです。
その頃『天馬船』も漁などで使われていたそう。そして、長年製造されていなかったこの伝統木造和船を
復活させたのがヒミングの『天馬船プロジェクト』!夏には天馬櫓こぎ大会も開催されているそうです。楽しそう!!
隊長は、川から海になる境界まで行って、戻ってきました。

59095251.jpg h0udk.jpg

そのあと、2005年から始まった氷見で映像作品を作っていく『ヒミクリック』の活動から現在運営されているアートセンターの様子に至るまでを伺いました。
その間のイベントで集まった人たちが、今でもアートセンターに集まっている雰囲気が、とても素敵でした。
そしてお次は出来たてほやほやの『長者町まちなかアート発展計画』について隊長がプレゼン!

アートセンターで交流を持ったあとは、ヒミングのみなさんにもMOBIUMに乗っていただき、氷見の絶景ポイントに連れて行っていただきました。
道中は、ヒミングの方にガイドをしていただいて、海と山に囲まれた、自然豊かなまちをみなさんが大切にしている思いが伝わってきました。

b9tcj.jpg wy7qj.jpg


代表の高野さんをはじめ、たくさんの方に大変お世話になりました。
おかげさまで素敵な交流を持たせていただくことができました。

ありがとうございました!
l1tbc.jpg

Report and Photo by T.Y

---------------------------------------------------
*アートNPOヒミング*
http://www.himming.jp/
*旅のアルバムはこちら*

posted by 長者町まちなかアート発展計画 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | report | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。